歯科スタッフの情報

歯科で稀に対応している栄養士

栄養士が勤務をする場所というのは、限りがあります。病院でも勤務をしていますが、歯科ともなるとあまり需要がないと思われてしまいます。確かに需要はありません。本当に相談をしたいのかどうかということも分からないのです。しかし稀に対応をしていることがあります。歯によい栄養素はどのようなものなのかということであったり、歯科に通っている患者の家族が食事に関する相談をしたいと思うこともあります。健康的な生活を送るために必要となる食事についての悩みは尽きません。どういうことをすれば良いのかということも相談できれば助かります。

舌側矯正の相談のことならこちらで。
審美歯科も専門に行っています。痛みのないレーザー矯正も人気です。見えない器具の装着ですので、ストレスなしですよ。

スタッフに栄養士を置く事の意味

箱崎町 インプラントで天然歯のような噛み心地を取り戻す。経験豊富な医師が治療にあたるので安心です。治療が終わった後も引き続き快適な生活を送ることができる安心保障も。

患者様へのサービスといつまでも自分の歯を大切にしていただくという観点からスタッフに栄養士を置く歯科医院が増えてきています。例えば、顎の発達ですが、顎が十分に発達しないと顎関節症が起こりやすくなると言われています、これに注意するには、小児期の食べ物に関係があります。小児期にかたい食べ物を食べている人は、顎がきちんと発達するそうです。そのほかにも、歯周疾患を防ぐためには、歯茎の血行をよくする働きのあるものを食べた方がよかったり、歯垢がつきにくい食べ物を食べた方がよかったりします。歯科の病気と栄養は関連があるのです。この点に着目し、予防という観点に力をいれているところでは、栄養士さんをスタッフに入れているようです。